読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

multiplus

気まぐれに書評とか。

単語帳で困ったこと

TOEICの単語帳をずっと探していたのだけど、いろいろ困ったことがあった。

というのも、私の場合はまず大学受験をしているし、浪人生でもあるので大学受験レベルの英語はみっちり叩きこまれている。偏差値でいうと、70は超えていた。TOEICの点数でいうと、600点はもう2年前にとり終わっているという段階だ。

ところが、巷にあふれる単語帳はというと、990点レベルと書かれたものでさえ、愛用していた大学受験用の単語帳である「単語王」に掲載されていて、すでに知っているものばかりだった。それ以上のレベルの単語を知りたいと思っても、その欲求を満たすような「超難関用」の単語帳というのはなかなかない。

そんななか、なかなかいいと思える単語帳を発掘した。9月のTOEIC受験に向けて、これを基調に勉強していこうと思う。――『新TOEIC(R)TEST 出る単特急金のフレーズ』

タイトルが安っぽくて残念なのだけど、中身はホンモノ。大学受験レベルの英語はとっくに完璧で、少し上級の英語をやりたいという人にはとくにおすすめできる一冊だと思う。

この単語帳が特に秀逸だと思えてならないのは、TOEICに出るばかりではなくて、洋書を読んでいても普通に飛び出してくる単語が多いということである。大学受験の英単語の意味と洋書の文脈ででてくる英単語の意味は、若干違うことも多い。だが、この単語帳の訳であれば見事に読み通すことができる。いい一冊だなと思う。

考えてみれば、TOEICは日常のシーンででてくる英語を中心に扱ったものであるから、TOEICを勉強すれば必然的に洋書を読むときにもつながってくる。ふたつは相関する関係にあるのだ。俄然、勉強への意欲が増した。

広告を非表示にする